偏頭痛には前触れがあるものとないものがあるらしいです。 最初に偏頭痛が起こったのは中学生のころなのですが、それからごく最近まで必ず前触れが起こっていました。 見える方はおわかりになると思いますが、ギザギザした模様が点滅しながら大きくなって見えるというものです。これが数十分続きそのあとに猛烈な痛みが始まります。ギザギザがまだ小さいうちに薬を飲んでしまえばセーフです。ほとんど痛みは起こりませんし吐いたりもしません。 でもこの頃前触れなく頭痛が来るようになってきました。 最初は前触れがなかったので偏頭痛とは思わなくて。でも、気のせいかな?と思っていた痛みがどんどんひどくなり吐き気がしてきたので、これは偏頭痛だと思ったのでした。その時は慌てて薬を飲んで少し寝れたので事なきをえました。 でもあとで調べてみたら、前触れがあるものとないものとでは頭痛が起こる仕組みが違うらしくて…。 そうなるとそもそもこれは偏頭痛なのか、一度病院へ行ってみた方がいいのか、と今悩んでいるところです。