冷え性ってつらいですね。特に冬はつらいです。 冷え性の怖いところは、ただ体が冷えていて寒いだけではなく、他の不調を生み出すことです。 かくいう私も冷え性で、知らぬ間に体が冷えすぎ、腹痛と吐き気で動けなくなったことがあります。 体が冷えるということはとても危険です。 しかし、じゃあ冷え性は温めさえすれば解決するのかといわれれば、難しいところです。 冷え性からくる不調は温めればよくなっていきます。 それに、温泉などはやはり持続性も高いので入ったほうが良いです。 でも、やはりひたすら外から温めるだけでは、根本的な冷え性の解決にはなりません。 私が最近実践しているのは、運動と急に体温を下げない工夫です。運動をするとうちから体が温かくなってきます。また、筋肉をつけるとその分熱量を消費するので基礎代謝があがるといいます。 それに加え体温変化が激しい時、例えば、運動や入浴後は汗だくにならない程度に保温を心がけたり、朝起きたときなどはまず白湯を飲むなどして、急激な体温の低下を防ぎます。 そうしていくことで、少しずつですが冷え性を改善していっています。