私は読書が趣味なのですが、とくに推理小説の大ファンです。中学の時に友人から薦められて読んだ推理小説がとても面白かったため、それ以来数十年ずっと推理小説を読み漁っています。 家にいて少しでも暇があると毎日のように読んでいるため、中学の頃から読んだ本を計算すると千冊以上は読んでいることになります。あらためて考えてみると千冊というのはすごい数だなと思いますが、2、3日で一冊は読み終わるので読むペースが早いのです。 そんな私ですが好きな作家さんが数人います。もちろん全て推理小説家の方です。私は推理小説の中でも本格推理と呼ばれるジャンルがとくに好きなのですが、執筆ペースの速い作家さんなどは一年に数冊から十数冊本が発売されることもあり、よくそんなに速いペースでストーリーを思いつくものだといつも感心させられます。 本格推理というのは軸となる謎があり、それをフェアに解決していくものなのですが、私などはいつも最後まで騙されてしまいます。