冬は、冷え切った体をお風呂で温める瞬間が最高に幸せです。じんわりと温まる感覚は、日本の冬の醍醐味だと思います。 でも、問題はお風呂に入る前後です。我が家のお風呂場には浴室暖房が付いていないので、隣接の脱衣所ではかなり寒い思いをすることになるのです。 高齢者の場合には、脱衣所の寒さとお風呂場の暖かさのショックで命にかかわってしまうこともあるそうです。確かに、冬は毎日のように脱衣所の寒さで身が縮む思いをしています。これはかなり体に負担がかかることですよね。 もう少しお風呂の前後でリラックスしたいと思って、今年から脱衣所に小型のヒーターを置いてみました。お風呂場はお湯を溜めている間に湯気で温まるように工夫をし、できるだけ凍えることがないように心掛けています。 ヒーターは小型なのでそれほど強力というわけではないけれど、やっぱり例年に比べるとかなりお風呂上りの肌寒さが軽減されました。湯冷めする回数が減れば風邪予防にもなりそうです。